☆2017年11月のボトル☆

☆セッションのご予約可能な日時は、こちらをご覧下さい。→スケジュール
**************************************
2017年11月をサポートするボトルは、
B21 『愛への新しい始まり』 グリーン/ピンク です。
f0208690_14202167.jpg




先月のボトルの上層部のクリアーがグリーンに変わりましたね。グリーンは「新しい始まり」「心」「居場所」「方向性」「自分のスペース」「協調性」など、下層部のピンクは「無条件の愛」「超然」「与える事と受け取る事」「優しさ」などのメッセージを持っています。

グリーンとピンクは補色同士。お互いのエネルギーのバランスを取りあう色でもあり、お互いのエネルギーを活性化することの出来るコンビネーションです。グリーンもピンクも共にハートチャクラのエネルギーでもありますね。

このボトルが守護する2017年11月のメインテーマは、『感情を意識する』こと。

言うまでもなく、私達は感情の動物ですので、感情を抱くハートの状態によって、同じことをしていても、それに対する満足度、幸福度、達成感などが簡単に変わってしまいます。

今の自分が、今という時間をどう捉えているのか。何を真実とするかは、あなたの主観が決めています。

よくコップに入った水の量で例えられたりしますね。コップに半分ほど残っている水を眺め、

「まだまだ半分も残っている」 = 沢山ある と捉えるのか、
「もう半分しかない」 = 少ない と捉えるのか、

同じ量なのに、コップに入った量の価値を大きくすることも、小さくすることも、私達は自由に出来てしまうのです。

そして、「沢山ある」と自然に思えれば、喉が渇いた時、何の躊躇もなくコップの水を飲み、喉を潤すことが出来ますが、

「少ししかない」と思っていると、喉が渇いても、「いざという時のために」という思考が働いて、水を飲むことに恐れを抱いたり、水に代わる何かを探したり、素直に水を飲むことが出来ずに、余計に喉が渇かしてしまいがちです。

喉が渇くというのは、「水分を補給する必要がある」という体からの素直なサインです。真夏の喉が渇いた時に、よく冷えた飲み物を飲むと心も潤うように感じられますね。体からのサインに従って喉を潤すことで、体の健やかさも保たれ、感情も満たされます。

喉が渇いた時に水分を取らないと、体の健やかさを阻害することにもつながります。それは命の危険にも通じているため、感情は更に警告を発するようにイライラと尖ってきます。感情が乱れることは、自分自身を守るための反応でもあるのです。

本来、感情は私達が必要なものをきちんと手にし、不要なものをきちんと手放すための良きアドバイザー的存在です。嬉しい、楽しい、心地よい、などの軽やかな感情を抱く物事は、今の自分に必要な物事を教えてくれますし、それらに触れることで私達の心身に良いエネルギーをもたらしてくれます。

逆に、触れることが嬉しくないと感じる物事からは、出来る限り近付かないようにすることで、自分自身を守ることにつながります。

どうしても今それに取り組まなければならないけれど、感情的に拒否するような物事があるとしたら、その物事に対して、どのようなことを自分が求めているのか? と、理解してみる必要があるかもしれません。

どのような物事であれ、あなたの目の前に現れた、ということは、少なからずもあなたにとって今それと出合う必要があったことだけは真実です。それを体験することでしか得られないギフトがあるからこそ、時によっては嬉しくない物事と出合うことがあります。

例えば、凄く苦手な人が職場に現れた場合、私達の対処の仕方は沢山あります。

相手のことをより良く知り、理解することで、相手に対する苦手の度合いが軽減される場合もあります。

何をどうしてもその人と合わないと感じるのなら、上手く距離を取ることを身に着けることで、それほど相手と仕事をすることが苦にならなくなる場合もあります。

どうしても相手と仕事が出来ないのなら、自分をよく理解してくれる他の人に助けを求めたり、最終的に自分が仕事や職場を変えるという手段もあります。

その人をなぜ苦手に思うのか? その理由には、自分にとって譲れない大切な物事が隠されていたりします。その大切なことを意識に挙げ、理解し、それを大切にすることで、メッセンジャー的な役割を終えて、苦手な相手があなたの前から消えていきます。

毎日が忙しく、やらなければならないことに追われていると、感情は後回しにされがちです。感情を大切にしていたら、やらなければならないことが片付かなくなる、と私達の思考は考えがちですが、どれほど忙しくても、感情を大切にすることを重視している方が、作業効率ははるかに上がっていきます。

心のテンションが上がっていると、心の免疫力も高まっているため、苦手な仕事でもそれほど苦にならずにこなせてしまうということがありますが、感情を抑えてテンションの低い心のままで取り組むと、頑張っているのに空回っているような、残念な結果につながりかねません。心のテンションを下げないよう、感情を大切にして、心を満たしておくことが大切です。

繰り返しますが、私達は感情の動物です。自分の感情を大切にすることは、私達の毎日をより快適にしていくのに大きな力を発揮してくれます。感情は認められることが大好きですし、認められないといじけてしまう性質を持っています。どのような感情であっても、自分で認めてあげることが大切です。

誰かや何かに自分の感情を受け止めてもらいたい、と強く思う時ほど、まず先に自分でその感情を受け止めなければなりません。例えば、大好きな相手がいて、自分の強い愛情を相手に受け止めてもらいたい、解ってほしいと思う時、自分が相手へのその強い愛情をしっかり理解し、味わっておくことが必要ですね。

「相手のことが好きだから、なりふり構わずにこの気持ちを熱くぶつける」というのは、相手への配慮が欠けてしまっていますね。本当に相手を好きなら、相手が受け取りやすいように、自分の想いを伝えようと考えるはずです。その作業の中で、改めて、相手への深い愛情を自分で自覚できるかもしれませんし、相手への想いに浸るだけで、あなたのハートもまた満たされていきます。人は愛情にも敏感な性質を持っています。深い愛情をハートに湛えている人には、無意識にも愛を感じ、愛を使ったコミュニケーションを自然に取っていくようになります。

愛のあるコミュニケーションは、自分にも相手にも心地よさをもたらし、ハートの元気の源にもなります。もし、最近、ハートがお疲れ気味だったり、感情がいらついていたり、曇っているような感覚を持っているのだとしたら、まずは自分自身と愛のあるコミュニケーションを図っていきましょう。

自分の感情に正直になること、感情を解放する時間を持つこと、体の声に正直になること、自分自身を大切にすること。

11月という、来年を意識する時期。是非、今一度自分自身の感情を見つめ、体を労り、心身共にエネルギーをチャージできるような時間を大切にしてみて下さい。

感情を大切にすることで、自分自身をより上手に大切にしていくことが出来るようになります。

自分を大切にしていると、自然に他の人や物に対しても大切に扱えるようになっていきます。

湧き上がってくる感情は、どのようなものであれ、自分の体の外に発散させていくことが必要です。楽しい時には思い切り楽しみ、嬉しい時には全身で喜び、悲しい時には思い切り泣き、悔しい時には悔しがり、怒った時には怒りを上手に自分で解放する。感情を自分の体全身を使って感じ切ることもまた、私達の心身を元気にし、新しく前に進むためのエネルギーを補給することにつながります。

怒りや悔しさを解放する時、他の人を巻き込まないよう、注意が必要です。どうしても誰かに聞いて欲しいと思う怒りなどの感情は、まず自分で体を動かすこと(掃除、カラオケ、紙を破く、走る、ジャンプする、手を叩く、体を洗う、など)で発散し、聞いて欲しい相手に話す時には「こんなことがあって、怒っちゃった」と過去形で話せる状態になってから、話しましょう。

過去形にしない状態で話すと、どうしても怒りが蘇りやすくなり、聞いている相手にとっても負担となってしまう場合があります。また、聞いてもらう相手を選ばないと、相手があなたの怒りのエネルギーに反応して、上手く聞いてもらえない結果になる可能性もあります。

自分の感情を誰かに何とかしてもらおうとすると、大抵良い結果には結びつきません。あなたの感情は、あなたの物であり、あなたが何とかできるから、その感情が生まれています。そして、あなたでなければ何とも出来ないという真実もあります。

確かに、自分の感情が、誰かや何かによって救われる、ということがあるかもしれません。でも、それは相手はきっかけをくれただけで、本当に救ったのはあなた自身なのです。あなたには、あなた自身を幸せにするだけの力がきちんと備わっています。そして、その力をよりよく発揮していくためにも、あなたの心がより良い感情で満たされている毎日を過ごしていくことが重要です。

あなたは今、どんな気持ちで毎日を過ごされているのでしょうか。感じていて心身ともに元気になるような感情を沢山味わいながら、毎日を過ごしていけたらベストです。そのためにも、毎日の中で、どんな感情を抱いていることが多いのか、少し意識してみて下さい。

『 疲れた、と感じた時、本当に疲れを感じているのが心なのか、体なのか、チェックしてみて下さい。

  あなたの疲れを解消するための方法を、あなたはいくつ知っていますか? 

  解消方法が分からないと思うのなら、まずはゆっくりと深呼吸をしてみて下さい。

  何も考えずに、ゆっくりと息を吐き、ゆっくりと息を吸う。

  呼吸に意識を集中する時間を、毎日の中に作ってみて下さい。

  深呼吸を繰り返す内に、疲れの原因が色々と浮かんでくるはずです。

  次に、毎日、頑張っている自分を認めてあげましょう。

  頑張っていないのなら、疲れを感じるはずはありません。

  他の人の目から見て頑張っているかどうかなんて、関係ないのです。

  自分が、毎日を生きているからこそ、こうして疲れを感じる自分が存在しているのです。

  今のあなたを、どのように感じていても、

  あなたがこの世界に唯一無二の貴重な存在であることは変わらない真実です。

  自分の素晴らしさを自他に見せつける必要はありません。

  だから、誰の目から見ても理想的な自分になろうと頑張ることもやめましょう。

  何をしていても、していなくても、

  既にあなたは、その理想的な自分でしかないのですから。

  忙しい毎日の中でも、自分自身の心を満たす時間を大切にしていてください。

  大したことをしなくても良いのです。

  美味しいものを食べる、お気に入りのお茶を飲む、触り心地の良いぬいぐるみを撫でる、

  好きなものに触れる時間に思いきり浸る、など、

  あなたのハートを元気に満たしてくれることを沢山取り入れて下さい。

  何をしてもハートが喜ばないと感じる時は、

  一度、現実逃避を行いましょう。

  日常の全ての物から離れられる時間を、ほんの数時間でも良いので取って下さい。

  自分のために、自分のための時間を確保することで、

  あなたはまた、本来のあなたとしてのエネルギーを取り戻します。

  あなたがあなたらしく生きるために、相応しくない環境にあるのなら、

  その環境から少しずつ、あなたらしく生きられる場所へと移動していきましょう。

  あなたに合わない場所もあるかもしれませんが、

  それは同時に、あなたにぴったりと合う素敵な場所がある、ということです。

  そして、ベストなタイミングで、そこへ移動することが出来るという事実があります。

  人生において、あなたが本気で望んでいることを諦める必要はありません。

  その望みは、もしかしたら、思い描いている物とはかけ離れた形をしているかもしれませんが、

  手に入れた時に、「この形でよかった」と心から喜べる状態であなたにやって来ます。

  毎日の中で、あなたのハートが喜ぶものを沢山プレゼントしてあげて下さい。

  あなたが喜べば喜ぶほど、あなたの毎日はより幸せと調和に満ちた愛のある世界に成長していきます 』
**************************************

[PR]

by aomiruka | 2017-10-31 09:10 | ☆今月のボトル☆