ピンクボトルのアルケミー1

f0208690_121823100.jpg

f0208690_12182371.jpg

凄い久しぶりに(笑)オーラソーマのお話。

碧海の元にいるピンクのボトル達は、色が淡くなりがち。

色などが変化したボトルはアルケミーボトルと呼ばれます。

1枚目の写真の2本、左側がB71ピンク/クリアー『蓮の花の中の宝石/エッセネボトル2』、右側がB61ペールピンク/ペールイエロー『サナートクマラ&レディビーナスクマラ』。

どちらもB54クリアー/クリアー『セラピスベイ』に見間違えそうになりますf^_^;

2枚目は、1枚目の2本の間にB52ペールピンク/ペールピンク『レディナダ』を挟んでみました。

ペールピンクは、ピンクにクリアーが加わり、色的には淡く、エネルギー的にはかなり強力になった色。

左側の上層部は、真ん中のピンクをさらに濃くした色をしてました。

右側の上層部は、真ん中のピンクと同じ色だったはず。

古いから色が抜けた、という訳ではなく、古くても色が変わらないボトルや、新しいのに色が変わっちゃうボトルがあります。

個々のボトルが、変化したいように変わる辺りも、オーラソーマ。

ボトルのような自然体で生きる姿勢は、見習いたいところです。
[PR]

by aomiruka | 2014-08-24 12:18