☆2014年7月のボトル☆

☆ヒーリングティールーム碧海では、このようなセッションを展開しております。→メニュー表
☆セッションのご予約可能な日時は、こちらをご覧下さい。→スケジュール

♪♪碧海のセッションのお申し込みに関しては、こちらをご覧下さいね♪♪
**************************************

2014年7月をサポートするボトルは、
B14 『新しい時代の叡智』 クリアー/ゴールド です。
f0208690_9403530.jpg



いよいよ今年も折り返しましたね。

2014年の後半のスタートを飾るボトルは、下層部のゴールドを上層部のクリアーに強調されているボトルです。

ゴールドは「深い寛ぎ」「深い楽しみ」「叡智」「器用さ」「ユーモア」「安全性」「才能」「自己価値」「自己信頼」「理由の解らない恐れ」というメッセージを持っています。

深く寛ぐこと - これは、オーラソーマでいう心身の健康な状態、物事の健全な状況を意味します。

心身や、状況などの不健全、不健康な状態を英語で「disease」と言います。

「dis」(~でない状態)+「ease」(寛ぐ) → 寛げない状態

なので、逆に深く寛ぐことにより、心身の健康や、状況の健全さを取り戻していくことが出来るようになります。

健康で健全であることは、私達本来の姿です。その状態にあると、全てが軽やかで幸せを実感出来ます。

ゴールドは身体の中ではおへその下の辺りのエネルギー。
この場所は、「トゥルーオーラ」と呼ばれる、その人の魂が宿っている場所とされています。

ゴールドのエネルギーが活性化されると、その人の持って生まれた才能や可能性をより良く発揮していけるようになります。

「ゴールドのエネルギーを活性化させる」というテーマを持つ今月は、「心身から思いきり寛ぐこと」や、「思い切り楽しいことや好きなことに没頭すること」に是非チャレンジしてみて下さい。

心も体も頭も、思い切り楽しいと感じられる時間に委ねることで、深い部分からの癒しも期待が出来ます。

「そう言われても、楽しいことがよく解らない」、「どうしたらいいの?」と思われた場合には、深く深呼吸をして、今のあなたの心や体がやりたいと思っていることを探ってみてください。

「それでもよく解らない」時には、「やりたくないものごとをやらない日」を作り、体験してみましょう。

意識していないけれど、「やりたくない」と感じるものを、色々な理由から「仕方なく」でも取り組んでいる場合があります。

「やりたくない」と感じるものごとの中には、「苦手なものにチャレンジして、成長するためのツール」と、「チャレンジせず、それを手放すことを経験するためのツール」が混ざっています。

「苦しいもの」や「やりたくないもの」を、我慢して取り組んでいても、心身の消耗を促すだけで、成長は見込めません。

一見「苦しい」「大変そう」と思えるものでも、自分にとって本当に必要な物事であれば、取り組んでみた時に「案外そうでもない」と感じられたり、心身に疲労を感じてもすぐに回復が出来たりします。

チャレンジすべき苦手な物の場合は、チャレンジした分だけのギフトが用意されているため、「大変だけれど、その後に待っているものがある」ことが、根拠はなくても解るはずです。

また、チャレンジが必要なものであったとしても、「それを成功させることが必要」かどうかも時と場合により異なり、チャレンジして上手くいかないことを学ぶことが必要な場面もあります。

本当にチャレンジしなければならないものを、自分の意志で手放してしまう、というようなことは起こりえないという真実を信頼してください。

やりたくないことをやらない、その体験をしている自分の心身の軽やかさを感じてみて下さい。

その軽やかさが、本来のあなたの重さなのです。

やりたくないことの全てを手放すことが難しいとしても、たった1日だけでも、自分をやりたくないものから自由にしてあげることで、心身が深く寛ぎ、自分のより良い幸せのために何かをするためのエネルギーを取り戻すことが出来ます。

自分自身が本当に幸せを実感出来ることで、あなたの周りの全てに幸せのお裾分けをしていくことが出来るようになります。

自分が幸せでいるために、自分に掛ける時間やお金、エネルギーをケチらずにいて下さい。

あなたがあなたを貴重な存在としてきちんと認め、それに見合う扱い方をしていくことで、あなたの周りの全てのものは、あなたを同じように貴重な存在として扱ってくれるようになります。

もし、「不当な扱いを受けた」と感じる出来事を経験されたのなら、すぐに自分自身を正当に扱うことを、自分に対して行って下さい。

休みたいのに、無理して会社に行った。

本当はこっちが良かったのに、相手を尊重して別のものを選んだ。

など、自分の意志と違う言動を取り、その後の自分へのフォローがおざなりになっている時など、「不当な扱いをされた」と感じる経験をすることが多いです。

「無理させてごめん」と自分に謝り、自分自身をきちんともてなしてあげましょう。

心も体もご機嫌でいることで、目に見えるどのような現象、出来事に対しても「大丈夫」という安心と自信を培っていくことができます。

そしてその安心と自信が、実際に「大丈夫」という満足のいく結果を生み出していくのです。


『 何事もジャッジ(いい・悪いという判断)をせずに、

  自分がそれに対してどう感じるか、どうしたいのか、という自分の心を大切にして下さい。

  あなたが本当に欲しいと思っているものは何ですか?

  それを与えてくれる人は、本当にあなたが思っている人ですか?

  あなたが欲しいものを、あなたに間違えずに与えられるのは、あなた以外にいません。

  誰かの愛が欲しいのなら、まずは自らにあなたの愛情を注いであげて下さい。

  あなたが本気であなたを愛し、守ることを決めることで、

  同じように、あなたを本気で愛し、守ることを決めてくれる人や存在を呼び寄せます。

  恐れではなく、安心を選びましょう。

  あなたが元気になれる出来事に触れ続けることで、

  あなたの心身から不要なものが外れ、必要あるものだけが残っていきます。 』

**************************************
[PR]

by aomiruka | 2014-06-29 10:42 | ☆今月のボトル☆