「ほっ」と。キャンペーン

ペガサス パフュームについて☆その1

f0208690_1322645.jpg

オーラソーマ社製の香水です。

オーラソーマの創始者であるヴィッキー・ウォールの持っていたヴィジョンの一部である「ペガサス」という名前の香水が、

アナスタシア女史(クリエイティブ パフューム社)の手によって、8種類の香りとして誕生したもの、だそうです。

50mlの香水と5gの練り香水の2タイプがあります。

「ペガサス」は現在8種類で、それぞれに対応ボトルがあります。

50ミリのスプレーボトルに入っているタイプは、それこそ『香水』で、香水に慣れてない碧海には扱いにくいですがf^_^;

練り香水は、香りも優しく、間違ってもそんなに香りが強くなりすぎないので、碧海のような香水初心者にもオススメ☆

リップバームみたいな感じで、耳の裏や手首などに、指で付けます。体温で優しく溶け、ほど良く香ります。

ポマンダーやクイントエッセンス、アークエンジェロイエッセンスは、香りが後まで残らないですが、

こちらは練り香水でも「香水の香に包まれている」という実感があります。

途中で香りを付け足すのも良いですね。

香りの文化が欧米人とは違う日本人にとっては、香水タイプより、練り香水の方が扱いやすいと碧海は感じています。

持ち運びもしやすいですし、とても柔らかい香り。

肌につけずフレグランスポットのように香りを嗅ぐためだけにそばに置いても、タンスにしのばせて衣類に香りを移しても良いですね。

「ペガサス」のパフュームは、アークエンジェロイエッセンスよりもさらに外側を保護します。

内側にあるエネルギーが、より自分好みに形作られるよう、ある意味「なりたい自分」、「表現したい自分」に近付くサポートをしてくれる感じがあります。

今までのプロダクツが『本来の自分に目覚め、立ち戻る』ためのツールだとすると、

「ペガサス」は『本来の自分が自分らしく表現されたベストな姿になる』ためのツールという感じ。

思考も感情も体も魂も納得の『自分らしい自分』の実現をサポートしてくれるみたいです。

またペガサスは『正しい時に正しい場所で正しいことを行う』というシンクロニシティをサポートする象徴です。

『今のあなたにとって、ベストなものをもたらす』ツールでもあるみたいです。

そんな『ペガサス パフュームバーム』が、今年の碧海のクリスマス企画のメインとなります。

良かったら、お試し下さいね。クリスマス企画の詳細は過去記事をご覧下さいませ。

ちなみに『ペガサスパフュームバーム』は5gで2448円(税込み)が定価です。

一般的な練り香水よりはお値段は高めかな。

でも、そこはオーラソーマ製。付け心地や香りのまろやかさなど、ご納得いただけると思います。

「実際に手にとって確かめたい!」と思われる方は、良かったら碧海のルームにいらして下さいね。

50ミリの本格香水は、まだ手が出せていませんが(苦笑)、バームは揃ってます♪
[PR]

by aomiruka | 2013-09-26 13:22 | オーラソーマ